DESIGN STICKY

WEBデザイン・WEB制作の備忘録。ときどきゆるーい日記など。

その営業スタイル大丈夫?と思う営業マンについて思うこと

今日の記事はもうタイトル通りなんですけどね。

私は基本WEBデザイナーなのですが、個人の仕事の他にも知人のネットショップの運営等に携わったりもしています。で、電話に出ることも多々あるのですがお客様からの問い合わせ電話以上の他にも営業の電話がかかってきます。最近は営業の電話の数の方が多いかもしれない。

で「担当の○○です。」と伝えると
「△×株式会社の□□と申しますが…実は○○について(以下略」
と丁寧に挨拶する人って割と少ないんですよね。

「××株式会社の○○と言いますが社長いますか?」
みたいな営業マンが多くて驚きます。
まぁ基本的に電話取るのは社長じゃないし、電話出た人に説明しても社長に変わってもらったらまたイチから話さなければならなくて面倒だし…ってところでしょうか。

あと社長じゃなかったら上から目線な口調で話しかけてくる営業マン。
もう『お前に話しても分かんないでしょ?』みたいな雰囲気が言葉と口調から伝わってくるんです。

代表が長時間不在で何度も掛けてもらうのも悪いので折り返しの連絡を提案したり要件を伺ったりしても「じゃあいいっす」で切られたりします。
たぶん「電話口に出る人=事務員=話分からない人」だと思いますがナメられてます。

でもね…
実はどうしても手が離せない業務等があって社長や周囲のスタッフがモニタリングしていたりスピーカーで聞いていたりすることもあるんですよ(実話)。
人によって態度が変わる人が営業って今後取引するにはやはり信用できませんからね。
で再度社長が電話に出た際に断ります。

どの会社の社長を見ても思うことなのですが、たぶん経営者ってその辺りの勘って人一倍持ってそうだなと。人を見抜く力があると思います。

そして時々
「○○の件について権限持ってる誰ですか?その人に代わってください」
とかね。実際に私が権限を持っていたりするわけなんですが、横柄な口調で話されるとなんだかもう…な気分なので担当者不在かつ上記の案内をすると案の定DQNな人材だったりします。たぶん手あたりしだい掛け電しているのでしょう。

電話を受ける側としてはげんなりしますが、数をこなす分最近では慣れてきたし勘が掴めてきたというかある程度見抜く力を養えたと思います。

営業職が大変なことは元営業職だった私も分かります。
何はともあれ人によって態度を変えない・顔が見えないからこそ丁寧に・誠実に応対することが大事だと思います。本当にどこで誰が見ているかは分かりませんからね。

ちなみにWEB制作会社・コンサル関係企業の営業マンの態度の悪さ他の企業よりも群を抜いているので、契約を取りたかったらまずは電話のマナーから学んでみることをオススメします。