DESIGN STICKY

WEBデザイン・WEB制作の備忘録。ときどきゆるーい日記など。

WordPressで記事を書く前に私がやっている設定イロイロ

ロリポップ!エックスサーバーなどWordPressを簡単にインストールできる機能があって専門的な知識がなくても気軽に始められるようになりました。

簡単インストールをしたらすぐにブログやWEBサイトを開設できるって便利。
私の場合、少しだけこだわりがあって記事を書く前にいくつか設定をしています。
今回の記事は個人的なメモなので必ずしも全ての人にオススメできるものではないかもしれませんが一応記事にしてみました。

基本的な設定

パーマリンク設定を変更する

WordPressでは記事のURLの形式を設定することができます。
デフォルトでは「?p=123」という形式です。
特に問題はありませんがあまりきれいではない印象を受けます。
そこでデフォルト以外の形式に変更します。私は数字ベース・投稿名ベースが多く制作するWEBサイトやブログに合わせて選んでいます。

メディア設定を変更する

サムネイルを作らせない
メディア(画像)をアップロードすると原寸の大きさの画像の他にも大・中・小サイズのサムネイルが生成されます。使わないし無駄なものが増えるだけなのではじめから生成したくないのでサムネイルのサイズを全て「0」、サムネイルサイズのチェックボックスも外して設定を保存。これで不要なサムネイルはできません。

画像フォルダをいくつも作りたくない
私は月別に画像フォルダが増えるのが嫌いなのでファイルのアップロードのチェックボックスを外しています。

カテゴリスラッグを設定する

f:id:atticroom43:20150821211434j:plain

カテゴリ名を日本語にするとカテゴリ部分のURLが数字や%で表示され美しくないのでカテゴリ名を設定する時にカテゴリスラッグ名も設定します。
※“スラッグ” は URL に適した形式の名前でアルファベットとハイフンが使えます。

後は自由に

記事の自動保存をさせない

WordPressで記事を書くとき一定時間が経過すると記事が自動保存されます。
これを“リビジョン”といいます。文字数の多い記事を書く時や間違って記事を削除してしまった時、PCがフリーズして落ちてしまった時などに復活できるので便利な機能ではありますが、自動保存されるたびにデータベースのテーブル数が増えるので好きではありません。
※ちなみに数字ベースで記事を書いている場合連番ではなくなります。画像をアップしても連番ではなくなります。以前は連番で記事を書きたかったのでその点悶々としていました。

リビジョンさせないプラグインもありますが、プラグインを使ってもリビジョンされることもあるので私はwp-config.phpに下記のコードを追加しています。
(wp-settings.php を読み込む前行に記述するので80行目あたりに追加)

/**(自動保存に関する追加項目)
* WP_POST_REVISIONS を設定していない場合は、デフォルトで true
* 記事の自動保存の無効化   define('WP_POST_REVISIONS', false );
* 自動保存の間隔   define('AUTOSAVE_INTERVAL', 86400 );
*/

define('WP_POST_REVISIONS', false );
define('AUTOSAVE_INTERVAL', 86400 );

86400は60秒×60分×24時間=86400
管理画面を24時間開きっぱなしにした時に自動保存されます。

WordPressが簡単にインストールできるサーバー

データベースの設定など知識がなくてもすぐにWordPressが簡単に始められるサーバーを紹介します。様々なプランがあるので各リンク先の機能一覧ページで「簡単インストール」「クイックインストール」などの表記に「○」がついているプランを選んでください。

ロリポップ!

エックスサーバー

ミニバード

さくらのレンタルサーバ スタンダード